DSCN3677

2017年大栗川 5月 清掃活動の報告

2017年の春、と言っても気温はすでに初夏の様相を感じつつ清掃活動をしました。
5月に入り気温が上昇。川の中は気持ちよい冷たさに変わり、

川沿いの土手に濃いピンク色のアカバナユウゲショウが一斉に咲き赤く染めていた。

 
日時: 2017年5月7日(日)10:00 ~ 12:30
集合: 午前10時  並木公園に集合しました。
活動エリア:  殿田橋下流100m~並木橋~新堂橋手前付近 の河原 の観察と清掃
天気:     快晴
参加者:   6名
ごみ収集: 11袋
 
 

つぼみの時には赤く、満開になると白く花びらの色を変えるペラペラヨメナはゲンペイコギクとも呼ばれるそうだ。その他、花はオオイヌノフグリそっくりのオオカワヂシャ、クレソン、ムラサキサギゴケなどが見られた。

清掃活動をしていると通りがかった近所の方が飛び入りで参加してくれた。小学生でも意外とつなぎが着れたのには驚いた。短い時間で沢山ごみを見つけてくれた。

清掃作業のスナップ

見かけた動植物など

よみがえれ、大栗川を楽しむ会は毎月第一日曜日に清掃活動を実施しています。皆様の参加を歓迎します。

ご連絡は、お問い合わせのページで。